学童保育の不足に悩む…何歳から子供の一人留守番を許す?実践すべき防犯ポイント

学童保育に頼れない時、子供をどうすればよいのか悩む保護者も多いでしょう。学童保育が満員であったり、お子さん自身が学童保育に抵抗を感じる場合もあるかもしれません。

子供が自宅で一人で時を過ごすことは、不安を感じる原因の一つです。親としては、どの年齢から子供を一人きりで家に残して大丈夫なのか気になるところです。

本稿では「小学生のお留守番実態調査」の結果をもとに、お留守番を開始する適切な時期について触れています。さらに留守番時の安全対策や、学童保育以外で検討可能な代替案についても、経験豊かな保育士が説明を加えています。

学童保育を利用できない場合でもご両親が安心できるよう、放課後の子供たちが安全かつ充実した時間を過ごすための環境作りをサポートします。

学童保育に入れない

子供たちが学校の終わりから家に帰るまでの時間を安全かつ楽しく過ごせるかどうかは、仕事を持つ親御さんたちにとって大きな懸念材料となっています。学童保育施設への登録を希望しても、必ずしもそれが認められるとは限らない現実があります。さらに、もし子供自身がそのような施設へ通うことに抵抗を示すこともあるでしょう。

初等部の幼い生徒への優先順位

学童保育の入所条件は地方自治体により異なるものの、通常は年少の児童が優遇されるパターンが目立ちます。それに反して、一部地域では家庭の具体的な事情に応じたポイント制度を採用しており、その結果として年少であっても保育施設に入所できない場合も存在します。

子供が学童保育を卒業する時期

学童保育のサービスは特に低学年の児童を対象にしているため、児童が上の学年に進学すると、学童保育の卒業を迎えることが一般的です。高学年になると、学童保育から離れる傾向が強くなります。

また、仲間内で学童保育を辞める子が増えると、残された子供たちは自分だけが低学年と過ごすことになり、興味を失ってしまうことがあります。この時期には、子供たちが思春期や反抗期に差し掛かることもあり、このような感情はしばしば学童保育への参加を渋る理由となります。そして、これらの変化する感情に対して親として無理やりに対応しようとすることは難しいでしょう。

長期休暇限定での利用不可の児童館

児童館によっては、利用規定に特定の制限を設けており、長期の休暇期間だけの登録ができない場合が存在します。家庭の事情で普段は子どもの一時的な留守番で対応しているものの、長期の休み期間中に問題が生じることもあります。早期にそのような施設の規定を確かめることが肝要です。

子供の自宅での一人時間: スタート時期は?

フィールドセキュリティ専門企業フォート・ガーディアンが、双方が職業を持つご家庭で学童期の子供を持つ男女500名を対象に店預かりの必要がないかの調査を行いました。これにより、家事の際に「お子様が単独で留守番を経験したことがありますか」という質問に対し、「経験あり」と答えた方が86.0%、「経験なし」が14.0%というデータが出ました。この情報をもとにこのテキストを読んで下さい。

「小1から」多くの子どもが初めて留守番を体験

家庭での子供の留守番をスタートさせたタイミングは、小学校1年生の時点と答えた割合が21.4%で最も多くなっています。多くの場合、小学生となることを契機にして、留守番を初体験するケースが目立ちます。特に、子供が低学年の段階でこのような経験をしているというデータが見受けられます。

続いて、小学3年生で留守番を始める子どもたちの比率が高くなっています。こちらに関しては、学童保育を卒業するタイミングで留守番へと移行する、あるいは4年生に上がる前に学童保育の終了を見越して、予め留守番の練習を行っている可能性を示唆しています。

家庭における留守番開始年齢の意識調査結果

未だ子供に単独での留守番経験を有さない家庭を対象にした調査によれば、「子供がいつから独りで留守番を任せられるか」という問いに対する答えが明らかになりました。小学4年生からと答えた層が最多で、全体の22.9%を占めています。また、幼い年齤のころからの留守番に対して懸念を示す割合が高めであることが分かっており、「子どものみで留守番をさせることに抵抗感がある」と述べる家庭も22.9%と同じ割合で報告されています。

留守番中の子どもの防犯対策

子供を一人で家に残すというのは、保護者の方にとって不安がつきものです。しかし、時には仕事などが原因で子供を一人で見守ることができないことがあります。その際に役立つ、子供の安全を守るための対策をご紹介します。

子供が自宅で一人でいる際の安全対策を心得るためにも、ポイントを抑えて、事前に準備をしましょう。いざという時に慌てずに済むよう、短時間から留守番の練習を重ね、段階的に慣らしていくことが重要です。子供と親双方が不安を感じずに済むよう、安全で心地の良い環境を整えることが大切です。

鍵の保管についてのアドバイス

子供が使用するランドセルには、鍵を安全に携帯するためにきちんと取り付けが必要です。

鍵を失くさないようにする工夫として、キーホルダーやキーケースの使用が推奨されます。

さらに、鍵自体を覆うタイプのキーケースを選ぶことで、他人の目に触れるリスクが減少します。

住宅のセキュリティ対策

自宅に足を踏み入れた際は、常に錠前をかけるよう習慣づけることが大切です。

「呼び鈴が響いても、見知らぬ人がいる場合には応答しない」という規則を厳守しましょう。

一戸建て住宅では、カーテンを引くことで、子どもが独りで居る状況を外部から判断されにくくすることができます。

また、窓の鍵を施して外から開けられないように注意し、玄関には追加のチェーンロックを取り付けて、より一層の安全を確保しましょう。

通信手段の整備

お子さんが保護者に連絡を取りたくなった時、連絡先がどこに書かれているのかが不明だと途方に暮れてしまいます。連絡手段をしっかりと保管する場所を把握させたり、電話の正しい使い方を指導し、実際にトライする機会を設けることが必要です。

さらに、もし保護者のスマートフォンに繋がらないケースが発生した際には、職場に連絡を取るためのシミュレーションを行うことが大切です。具体的には、「○○部門の○○の息子・娘ですが、お母さんはいらっしゃいますか?」といったセリフの台本を用意しておけば、子供も自信を持って対応できるでしょう。

ルール作り

家庭用電化製品に関しては特段の注意を払うことが求められます。使用を控えるべき電化製品、例えばコンロやオーブン等を明確に定めましょう。

それと同時に、お風呂場やベランダなど子供たちの立ち入りを制限すべき場所も指定します。

学校からの帰宅後は、一連の流れとして「手洗い」から始め、「おやつ」「宿題」と続けることで、日々の生活リズムを整えることが可能になります。

また、友達の家や公園への寄り道をせずに直接帰宅すること、さらにはテレビやゲームを遊ぶ時間を定める等の規則を設けることは極めて重要です。

非常時の備えの重要性

予期せぬ事態が発生した際に取るべき行動については、平常時に家庭内で話し合って共有しておく必要があります。特に火災や地震といった緊急事態に迅速に対応できるよう、対処法を家族全員で習得しておくことが重要です。

災害用非常バッグがどこにあるか、そしてその中身の使用方法を把握しておくと、子供たちが混乱せずに適切な行動を取る基盤を作ります。加えて、ひとりひとりが緊急時の応急手当についても理解していると、万一のケガに迅速に対応できます。

監視カメラシステムの活用

現代技術により、スマートフォンを使用して子供達の活動を定期的に監視できる監視カメラが存在します。

こうしたデバイスには通話機能が搭載されているものもあり、不在時における子供との対話が可能であり、これによって保護者は心理的な安堵を得ることができます。

家庭用警備システムの採用

セキュリティ業界のリーダーであるアルソックは、家庭向けセキュリティサービスの拡充に注力しています。緊急事態に迅速に対応するサービスも提供されており、万が一の際には頼りになるサポートが得られます。遠隔での鍵の施錠状態のチェックや、火事や不審者の侵入を検知する機能で、各種の心配事から家庭を守ります。

アルソックが提供する家庭用監視システムに関する詳細情報に興味がある方は、資料を無償で請求できるので、この機会に申し込みを検討してみることをお勧めします。

追加の対策

お菓子を食べる際は、食べる量を予め定めて、過剰摂取を防ぎましょう。

また家具を壁に固定し、子供の手が及ばない高所に危ない物を置くことで安全を確保します。

近隣に頼れる成人が居る場合は、子供たちにその情報を共有し、何かあった際に助けを求めやすくすることが大切です。

通信手段の重要性

緊急時に用いることができる通信手段の確保は非常に重要です。

最近は家に固定電話を持たない家庭が増加しているため、固定電話以外での代替手段についてお伝えします。

子供用携帯電話について

子供用携帯電話は、小さなユーザーが扱いやすいよう特別にデザインされています。これにより、事前に登録済みの電話番号へのみ通信することができます。

不意の知人作りや友人との衝突の心配なしに安心して使用でき、また、緊急時には迅速に連絡が取れるようになっています。

子供向けGPSトラッカー

幾つかの子供向けGPSトラッカーは、メッセージング機能を備えています。この機能により、子供の居所を把握しながら、保護者との間でメッセージの交換が可能になります。

しかし、リアルタイムでの対話を希望する場合、他のコミュニケーション手法を考慮する必要があるかもしれません。子供用GPSトラッカーで推奨されるモデルに興味がある方は、この記事が有益な情報源になるでしょう。

監視カメラの通話オプション

監視カメラシステムには、インタラクティブな通信が可能なタイプも存在します。これを利用すると、居住空間の状況を視覚的に把握するだけでなく、音声を通じた対話も可能になります。

このような機能を持つシステムは、常時家の状況をモニタリングしつつ、遠隔地からでも家族との対話を実現するため、子供から大人まで大きな安堵を提供します。

双方向通話を特徴とする監視カメラシステムに関心がある場合は、以下の記事が役立つでしょう。

学童プログラム以外のオプション

もし学童プログラムに子供を預けることができなかったり、子供が学童プログラムへの参加を望まない場合、独りで家に置いて出かけるという選択を迫られるかもしれません。子供を家に一人でお留守番させることに対して心配するのは自然な反応です。

しかし、学童プログラムの代わりとなる安全なアフタースクールの過ごし方がありますので、こちらをご提案いたします。これらの代替案を利用することで、子供が自宅でひとりで時間を過ごしている間も、安心してお仕事に集中できるようになるでしょう。

利用可能な祖父母の自宅

身近に信頼できる祖父母の居住地が存在する場合、その選択肢を利用することも考慮に入れましょう。

たまには「祖父母の家で過ごす時間」を持つことで、子供は異なる環境で新しい楽しい体験をすることができるでしょう。

このオプションを選ぶ際には、何かあったときの連絡手段をしっかりと打ち合わせ、子供が一人で祖父母の家に安全に向かうための事前準備や練習をしておくことが重要です。

家庭支援サービスのご案内

一部の地域では、家庭支援サービスとして知られるプログラムを活用することができます。

この制度は子供の監督に限らず、学校からの引き取りや家庭内の雑務への援助も求めることが可能です。

コミュニティ内の信頼された人々がこのサービスに登録しており、ユーザーと支援者がお互いを支える関係を築く助けとなります。

家庭支援に関する具体的な情報が必要な方は、下記のテキストも参照してみてください。

ベビーシッター

ベビーシッターの利用は、保育のオプションとして考慮することができます。利用料金は他の選択肢に比べて少々割高かもしれませんが、専門の資格を有したプロフェッショナルに子供を預けることが可能なため、心強さを感じる方も多いでしょう。

趣味の教室

子供たちが放課後の空いた時間を活用するために、新しい趣呑を学ぶことを考えることが出来ます。

学校の終わりに直接、教室やクラブに足を運ぶことで、お仕事で忙しい保護者が家に戻るまでを有意義に過ごすことが可能です。

休暇期間中には宿泊施設を利用したイベントや、日預かりサービスを行っている教室も存在し、子供たちにとって楽しい時間を提供しています。

アプリケーション「子育てシェア」

スマートフォンのアプリケーションを活用して子育ての重荷を分かち合う方法が現れています。「子育てシェア」というアプリケーションを使うことで、地元の住民と一緒に子供の送り迎えや一時保育など、必要なサポートを分担することが出来ます。この取り組みは、家庭内に限らず、地域社会が一丸となって子育てをサポートするという新しい風潮を創造しています。

子供の安全を最優先

初回の留守番が小学校1年生から始まるケースがアンケートで目立ちました。これに関して保護者の不安はなかなか払しょくできません。

子供が家に一人でいる際の安全対策として、次のポイントを抑えておきましょう。

  • 鍵のしっかりとした管理
  • 出かける前の戸締りチェック
  • いつでも連絡が取れる手段の準備
  • 守るべきルールの定義
  • 万が一の災害に対する準備
  • 監視カメラなどによる見守りの実施

 

放課後を安全に過ごすために、学童保育以外のオプションもご検討ください。

  • おじいちゃんおばあちゃんの家を利用
  • 地域のファミリーサポートセンター
  • 信頼できるベビーシッターサービス
  • 習い事で時間を過ごす
  • 共育を促進するアプリケーションの活用

 

これらの選択肢を利用することで、子供たちが充実した安全な時間を持つ手助けができます。積極的に活用を考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました